• 不動産登記とは
  • よくある質問
  • 費用について

司法書士

佐藤知美事務所

登録番号 秋田291号

認定番号 241027号

〒010-0802

秋田市外旭川字梶ノ目

457-1

TEL 018-827-3277

営業時間

平日 9:00~17:00

営業エリア:
秋田市のほか、能代市、由利本荘市、にかほ市、横手市、湯沢市、大仙市、仙北市、潟上市、男鹿市など、秋田県全域でご依頼を承っております。

不動産登記 1/3

不動産登記とは

このページを印刷する

次>

<前

3

2

1

不動産登記とは

不動産登記とは、土地・建物の状況と権利関係を国が管理する帳簿(登記簿)に記載し、公開することにより、安全な不動産取引をはかる制度です。

不動産登記には、大きく分けて「表題登記」と「権利に関する登記」があります。何処にどのような種類のどんな大きさかといった現状を登記(表題登記)するのは土地家屋調査士の担当、誰の所有でどのような権利関係があるのか等を登記(権利に関する登記)するのは司法書士の担当となります。

種類

内容

担当

具体例

表題登記

物的状況

土地家屋調査士

土地の分筆、新築した建物の登記など

権利に関する登記

権利関係

司法書士

新築や売買に伴う所有者の登記、ローンに伴う抵当権の設定など

不動産登記

権利に関する登記の特徴

表題登記は義務ですが、権利に関する登記は法律上の義務ではありません。よって、不動産を購入した際に、自身の名義に登記しなくても、法律上罰せられることはありません。しかし、名義を変更しないことで発生するトラブルに対して、自ら責任を負わなくてはなりません。

トラブルの具体例としては、自分名義にしなかったばかりに、売主がほかの人に二重売買し、購入した不動産が他人名義となってしまうケースなどがあります。購入者が二重売買の事実を知らずに購入した場合は、不動産は登記されている人のものとなります。

仮に、その後の裁判で売主の責任が認められても、損害賠償能力がなければ、売買代金は戻ってきません。

そのような事態を回避し、法的な権利を主張する(対抗要件を備える)ためには、所有権の登記が必要なのです。

司法書士 佐藤知美事務所

登録番号 秋田291号 認定番号 241027号

〒010-0802 秋田市外旭川字梶ノ目457-1 TEL 018-827-3277

営業時間 平日 9:00~17:00

記事や画像等の無断転載はご遠慮願います。 Copyright (C) 2008,Tomomi Sato all rights reserved.